二次創作の部屋

最近だべってりゅ

片翼の天使 17

さて、タイトルが片翼の天使なのに、なかなかその場面までたどり着かなったがやっとそこまでの入り口が開いたようである。この問題が解き終わった瞬間、どこからか扉が開いた音が聞こえた。

 山本「ふぅ、どうやら、今のが最後の問題だったというわけかな?明らかに扉が開いた音がしましたね。」

 巴御前「私にもはっきり聞こえました。お見事です、どうやらちぇっくぽいんとをクリアということでしょうか?」

 モリアーティー「そうらしいねどうやら。さて、音がした方にいってみようかネ。」

三人は音がした方に向かうと、そこは、カルデアのとある一室だったであろう部屋の一つであった。もちろん、これもこの異空間によって作り出されたであろう部屋だ。三人は、自動扉が開いた瞬間、それはすぐに確認できた。どこかの森だろうか、なぜだろう、すごく既視感がある森だ。

 山本「どうやら、この部屋から音が…て、まさか扉のすぐ奥にとは驚いた。」

 そして、この部屋は、サーヴァント二人にとっても驚くべき場所だ。なぜなら、ここはカルデアに住まう者達すべてが一度は入ったことがあるであろう所だからだ。